為替用語解説-1

今回は「為替用語」に関してです。
<スポンサードリンク>



①損小利大(そんしょうりだい)
意味:損は小さく、利益は大きく伸ばすトレード。
非常に難しいのですが、これができないと相場からは退場させられることになります。
最初に決めた損切ポイントで確実に切るということはとても大切です。

②ドルストレート
意味:ドルと他の通貨のペアのこと。
例えばユーロ/ドル、ドル/円など。
ドルは通貨の王様と言われていますので、避けては通れないですね。
私はドル/円、ユーロ/ドル、オジドル/ドルをよく見ています。

③クロス円
意味:円がらみの通貨のこと。*ドル/円は除く。
日本人には馴染みがありますね。私はユーロ/円、ポンド/円をよく見ています。

④ポジション
意味:投資商品を保有している状態。
為替に関しては、何かの通貨を買っている場合はロングポジション、売っている場合はショートポジションといいます。

⑤ナンピン
意味:すでに持っているポジションに対して、より有利なレートで買い増すことによって持ち値の平均値を下げること。
基本的にはやってはいけないと言われています。
思惑通りにレートが回復すればいいのですが、逆にいった場合には損失が大きくなります。

損小利大が非常に大切ですね。
私は初めのころ「小さく勝って、大きく負ける」といった初心者あるあるでした(´;ω;`)
今でもたまにやってしまいます。
毎日チャートをみるのはもちろん、ブログ・本・動画等にて日々勉強しています。
雇われの身を脱して、自由を勝ち取るべく頑張ります!!

それではまた~。

<スポンサードリンク>