為替が動きやすい時間

今回は「為替が動きやすい時間」に関してです。
値動きがあった方が、何かと都合がいいですよね。
<スポンサードリンク>




ずばり21時~2時となります。
理由はニューヨーク市場が開く時間が21時、フランクフルトが閉まる時間が2時、ロンドンが閉まる時間が3時だからです。
この時間は活発に売買され取引量が多いために値動きが激しくなります。
サラリーマンの方も対応できる時間なのがいいですよね。
21時ですと仕事・家事等も一段落していると思いますので、この時間は大切にしたいものです。
私もこの時間に多く取引きをしています。
この時間に取引きできるように残業を減らしています( ´艸`)
この時間は経済指標の発表も多いため、非常に狙い目となります。

一番は上記の時間帯ですが、下記の時間帯も値動きしやすいです。

〇8:30~9:55
その日の円の価格が決まるときに値動きしやすいです。
日本人に馴染みのある円です。私もクロス円でのトレードは多いのでこの時間に取引きしたいのですが、仕事があるためほとんどできません。
たまに携帯でトレードしたりしますが、集中できる環境ではないため今後は自粛する予定です。

〇16:00~
ヨーロッパ・ロンドン市場が活発に動き出す時間。
ヨーロッパの経済指標も発表されていくため値動きしやすいです。

以上のように時間帯ごとの値動きを把握し、取引きすることが重要となります。

勝っている人みたいに話を進めていますが、まだマイナスです(´;ω;`)

それでは~。
<スポンサードリンク>