合同会社

今回は会社形態の一つである「合同会社」に関する記事です。
<スポンサードリンク>



合同会社とは
2006年5月の新会社法施行によって認められた会社の形態です。
有限会社の代わりとして登場しました。(代わりということで、有限会社はもう作れなくなりました。)

メリット
設立にかかる費用が少ない
→およそ6万円程度で設立可能です。
株式会社の場合、20万円程度の費用がかかります。
自由度が高い
→利益の配分を、社員間で自由に決めることができます。
また株主総会も必要ないため、迅速かつ簡単に経営上の意思決定が行えます。

デメリット
・知名度が低い
→欧米ではメジャーな存在である合同会社ですが、日本での知名度はまだまだです。
一般的には、合同会社よりは株式会社の方が知名度が高く信用力も高いといえます。
・社員同士の対立が起こる可能性が高い
→合同会社では、出資が経営と一致しています。ということは、原則として合同会社の社員全員が代表権を持って経営にあたるということになります。
また、決定権も全社員にあるため、意見の相違等で対立することが考えられます。

こんな人におすすめ!!
・費用をあまりかけたくない人
・株式会社のようにルールに縛られないで自由に会社運営をしたい人
私はこの合同会社を設立しようと考えています。
やはり資金が少なく済むのが魅力ですよね。
手続きもそんなに難しくないですし。
しかしまだまだ知識不足なので、もっと勉強しなくてはなりません。
それに設立するためにもまずはFX・転売で稼げるようにならなければなりませんよね。

それでは~。
<スポンサードリンク>