社長への憧れ

今回のテーマは「社長」です。
私はすごく憧れています。
なんといっても会社で一番偉いですからね。
それに肩書が社長なんてすごいですよね。
言ってみたいです( ´艸`)
<スポンサードリンク>



私の目標である起業を達成することができれば、社長になれます!!
私の目指す起業は、私一人での経営ですので一般的な会社とは異なります。
そのため社長といっても従業員がいませんので「お~い、お茶」なんて言う相手がいません。
それに自宅を仕事場にする予定ですので、おしゃれなオフィスや社長椅子みたいなものは実現できないと思います。
ただし、私は
・時間の拘束
・人間関係
・残業
が嫌なので、それを回避できるのがものすごくメリットに感じます。

時間の拘束
平日の8:30~17:00までは会社にいないといけないというのがすごく苦痛です。
多少の体調不良では休んだり、帰ったりしづらいですよね。
今日のノルマが早く終わったとしても、早く帰ることはできませんからね。
海外ではフレックスタイムがあるのが羨ましいと何度も思っていました。

人間関係
世間での退社理由No.1ですね。
私も人付き合いが得意な方ではなく、好きな人としか仲良くしない主義です。
仲が良くない人や嫌いな人と過ごす時間は、すごくもったいないなと感じるタイプです。
例えば、嫌いな人とお酒を飲みに行ってもつまらないじゃないですか。
そんなのに時間とお金をかけるのは人生の期待値がマイナスではないかと思うんですよ。
人によっては「何か得るものがある」と言うかも知れませんが、私からしたら「期待値マイナス>得るもの」の図式が成り立ってしまうと考えますね。
得るものより、マイナスな部分の方が圧倒的に多いと思います。
誰とでも仲良くする人を、なぜだか信じられないんですよね。人として。
絶対に好き嫌いがあるはずなのに、うわべ上は誰とでも仲良くする人っていますよね。
たしかに、周囲の人とは喧嘩などのトラブルを避けた方が無難なのはわかります。
けれども、嫌いな人と仲良くする必要はないと思うんですよ。
嫌いな人とでも仕事上は問題なくやりとりをするのは大人として当たり前ですが、仕事以外では必要ないと思います。
嫌いな人とやりとりすると「人として成長できる。苦労はした方がいい。」と言う方がいると思いますが、ある程度の年齢になれば、それなりな苦労は経験していますからね。
一度しかない人生なので、苦労より楽しさを優先させたいじゃないですか!!

残業
平日の17時まで拘束されたあげく、残業をしなければならないとか信じられません。
ましてや休日出勤なんてもってのほかです。
以前の私は、残業60~90時間/月。数時間ですが休日も出勤していました。
そのため体調を壊した経緯があります。
日本人は労働に時間を費やしすぎなんですよね。
そんなに働いても、60~65歳で定年という名の解雇が待っていて、やっと退職かと思ったら余生はあって10~15年程度。
人生の大半が仕事で終わってしまいますよ。

私は上記3点にストレスを感じます。
本当に嫌なので、絶対に起業すると心に誓っています!!
このブログで起業を報告できるその日がくるまで、私は努力を惜しみません。
絶対に、絶対に起業して、拘束されない自由な時間を獲得してみせます!!

それでは~。
<スポンサードリンク>