再生品に関して

今回は商品区分のひとつ「再生品」に関してです。
商品の区分としては「新品」・「中古品」・「再生品」があります。
新品と中古品に関しては説明は不要と思いますが、再生品はあまりご存知ない方が多いのではないでしょうか。
<スポンサードリンク>



再生品とは
・開封後、ほぼ未使用の製品
・初期不良等でメーカーに戻された製品
・展示品
上記のような商品を、再販売が可能と判断し売りに出す。
このような商品を再生品と呼びます。

私はプリンタのインクを購入しようと探していたところ、再生品という区分で売りに出された商品があり、気になって調べてみました。

気になる品質は
ほぼ新品と思っても問題ないという意見が多いです。
コスト面でもお得なことが多いので、要チェックです!!
再生品はあくまで再生品なため、これを買い取って新品として販売してはいけませんよ!!

私は商品区分を再生品にして出品したことはありません。
再生品の購入は経験あります、
上記で書いたように新品と同様でした。

メーカー再生品は「1点もの」である場合がほとんど
メーカー再生品は、メーカーによって呼び名が異なり「リファービッシュ品」や「工場整備品」という風に呼ばれる事もあります。
また、型番が再生品型番に変わるものもあります。
そのような流れでお店に並ぶ製品ですので、次回いつ入荷するかというのは不透明な「1点物」である場合がほとんどです。

買う側からしてみれば、新品を低価格で購入できるため、ありがたいですよね。
みなさんも「再生品」を利用して、お得な買い方をしていただければなと思います。

それでは~。
<スポンサードリンク>