小口出品・大口出品に関して

今回は、「転売での販路」に関してです。
以前記載したように、ネットサイトを販路のメインにしている方がほとんどかと思います。
ではそのネットサイトにて販売するにあたり、入口である小口出品・大口出品の説明をしますね。
かなりシンプルに説明しますね。

<スポンサードリンク>




まずはネットサイトに登録する必要があります。
2種類選べます。

〇小口出品
・月間登録料なし。
・1商品出品毎に手数料100円がかかる。
・大口出品と比較して、出品や機能の規制がある。

〇大口出品
・月間登録料4,900円がかかる。
・カートが取りやすい。
・FBAを利用できる。
・小口出品と比較して、さまざまな機能を使用できる。

初心者の方はまず小口出品と言いたいところですが、大口出品一択ですね。
小口出品ではいろいろと規制がかかるということが大きな理由です。
せっかく利益の出る商品を見つけても、出品できなければ利益にはなりませんからね。
登録料に抵抗がでるかもしれませんが、一月に50品点以上売ってしまえば小口出品の手数料を取られるよりもお得になりますよ。
一月に50品点なんか無理だよと思ったそこのあなた!!
転売にある程度の時間をかければ、50品点なんて割とすぐに売れちゃいますよ。
私は今現在、ショッピングのついで転売しかしていませんが、それでも月に30~50品点は売れています。
50品点いってない月がありますが、時間をかけていないだけです。(今はFXがメインのため)
一度本腰いれてやっていただければわかると思います。

登録(住所や口座)後は、商品を探す→買う→売るという流れになります。

大口出品であれば、FBAを利用できるためネットサイトに商品を送って終了となります。
その後は価格調整等は必要になりますが、ほとんどやることはないと思って下さい。
商品によっては自己発送でやった方が何かといいものもあるため、そこは融通をきかせて下さい。

上記のように説明しましたが、私は初め小口出品で登録しました(笑)
しかし、すぐに大口出品に切り替えました。
理由は50品点程度がすぐに売れたためです。
初めから大口出品にしておけば良かったと後悔した記憶があります。
みなさんも転売をやると決めたら、中途半端な小口出品ではなく大口出品で初めてみてはいかがでしょうか。

それでは~。
<スポンサードリンク>